ガラスフィルムの効果

窓のお悩みは、ガラスフィルムドットコムにお任せください!

飛散防止フィルム

image1

地震や台風などの自然災害で、ガラスが割れて飛散した場合は凶器となります。飛散防止フィルムを貼っておくと、ガラスが割れてしまっても破片が飛び散らないのでケガなどの心配が少なくなります。
防災対策の一つとして飛散防止フィルムの施工を推奨いたします。

※飛散防止フィルムを貼る事でガラスの強度が上がるという事ではありませんのでご注意ください。

紫外線・UVカットフィルム

image2

紫外線・UVカットフィルムは、有害な紫外線A波B波を99%以上カットします。
お肌はもちろん、家具、フローリング、壁紙、ショーウィンドウに置いた大事な商品などを有害な紫外線から守ってくれます。
また紫外線・UVカットフィルムは飛散防止性能もあるため、地震や台風などの自然災害にはガラスが割れても飛散を防ぎ防災対策の役割も果たします。

日射調整フィルム(遮熱・断熱・省エネフィルム)

image6

遮熱フィルムは窓ガラスから入ってくる日射を吸収・カットしますのでエアコンの効率が上がり、省エネにつながります。

断熱フィルムを窓ガラスに貼ると、本来はガラス越しに外へ逃げていく熱を室内に留めることができます。断熱効果だけでなく遮熱性能も備わっていますので、夏は暑い日射を遮ってくれます。
冬は暖かく、夏は涼しく。断熱フィルムはオールシーズン対応型の高性能窓ガラスフィルムと言えます。

防犯対策フィルム

image5

空き巣など犯罪者の行動を予測する事は容易ではありません。侵入の手口で最も多いのが「ガラス破り」。道具を使ってクレセント錠付近のガラスを割り、手を入れてクレセント錠を回して侵入します。
ガラスの破損・貫通を大幅に遅らせる厚手の防犯フィルムを窓ガラス全体に貼ることが、有効な手段です。しっかり防犯フィルムを施工して空き巣などの防犯対策をしましょう。

デザインフィルム

image3

和柄や色付き、ライン模様など様々な種類を取り揃え、貼るだけで透明ガラスをさまざまな表情に仕上げます。
デザイン性だけでなく目隠効果もあることから、オフィス、店舗、医療施設、宿泊施設などに主に使われています。
窓まわりをオシャレにしたい個人のお客様にも人気です。

目隠し効果フィルム

image4

遮熱効果

半透明のフィルムから透明度が低く色の濃いフィルムまで種類がたくさんあり、

色の濃いフィルムであれば日射熱の侵入を軽減するので空調負担を軽減して、省エネ効果があります。

遮光効果

ガラスの透明感をいかしながら目隠しも可能ですが、色の濃いフィルムは太陽光のまぶしさを防ぎます。

褪色抑制効果

紫外線を98%以上カットできるので、美肌効果、家具や床、展示品の褪色を防ぎます。
可視光線反射率の高い窓ガラスフィルムを貼ると褪色防止効果が上がります。

ミラー効果

可視光線反射率の高い窓ガラスフィルムを貼ると、明るい時間帯は、室内からは外が綺麗に見え外からは室内がほぼ見えなくなります。
一方、夕方の時間帯は、効果が逆転するため室内の照明をつけると室内が見えてしまいます。
施工する前に、1日を通しフィルムカットサンプルを貼るなどしてご確認ください。お試し無料体験実施中!

デザイン性をプラス

目隠しフィルムは種類が多く、デザインを楽しみながら目隠し効果を得る事が出来ます。

まずは気軽にご相談ください。

土日祝日 直通090-4391-5925